新学期が始まって、もう1週間を過ぎました。

毎回、授業の始めに、教室長から連絡のほかに、オープニングトークという、いわゆる生徒の皆さんの学習意欲がUPするような話をさせて頂いています。

でも、最近は、他の先生方にも色々なお話しをしていただいて、教室長自身も大変勉強になっています。常に学ぼうとする気持ちをまず我々講師から生徒の皆さんへ発信して、伝播していくような雰囲気を校舎で作るように心がけています。

昨日のオープニングトークの様子です。

いよいよ、入試や学年末テストまで焼く1か月!!全学年の生徒が悔いを残さないように、我々講師も全力でサポート致します!!

*只今、募集停止しております。

G-PAPILS春日部校

2023年1月20日

ブログのご覧の皆様。おはようございます。こんにちは。こんばんは。

春日部校のブログを見てくれてありがとうございます。

1月7日(土)は、冬期講習会の最終日。

最終日は講習会お疲れ様企画!恒例の大くじ引き大会!!

さあ、どんな素敵!?な景品が当たるのやら…

このみんなの笑顔を見たら、喜んでくれたことが伝わりますかね!?

皆さん、講習会よく頑張りました!3学期が1月10日(火)より始まりましたが、冬期講習会でしっかりと受験や3学期の準備ができたと思います。今年の干支のウサギのように、成績はホップ・ステップ・ジャーンプです!!

*春日部校は募集を停止しております。

G-PAPILS春日部校

2023年1月11日

春日部校の冬期講習会

ブログをご覧の皆様、あけましておめでとうございます。

昨年末に冬期講習会12月26日(月)~29日(木)が無事に終了し、年も明けて、もう後半1月4日(水)~7日(土)の期間も半分が終わりました。冬期講習会もあと2日で終了です。

この講習会では、夏の講習会の時と比べ、特に中3生の成長が著しかったです。

小テストの結果もさることながら、学習体力が本当についたなぁと。ちょっとやそっとでは、泣き言を言わなくなりました。たくましくなったなぁl

小学生、中1・2生も、成長が伺えたこの冬期講習会も残りわずか!

最後まで走り抜けてほしいです!

*現在G-PAPILS春日部校は募集を停止をしております。

G-PAPILS春日部校

2023年1月5日

ALL I WANT FOR CHRISTMAS IS STUDY CAMP !!

12月24日(土)25日(日)の2日間、G-PAPILS春日部校では、素敵な素敵なクリスマスプレゼントが配られました。

そう、『STUDY CAMP』という50分10コマを2日間、計1000分学習するという受験生にとって最高のプレゼントです。ここで、しっかりと自分の弱点のもう一度洗い直しを行い、冬期講習会でその弱点を強化していくという、大事な2日間。生徒の皆さんは一心不乱に頑張っていました!

生徒たちは、個々にしっかりと自分の課題をコツコツとこなしていき、夏以上の集中力を見せてくれました。

最後の閉校式では、これからの高校生活のイメージを学びNEOの濱田先生の熱いメッセージで学びました!

2日間一人ひとりが課題をしっかりと見出せたイベントとなりました。最後は笑顔でパシリ!!

(写真掲載OKの生徒のみ写っています。)

冬期講習会も、次の日の26日より始まり、前半が29日で終了します。

冬期講習会の様子は次回をお楽しみに!!

現在G-PAPILS春日部校は募集を停止をしております。

G-PAPILS春日部校

2022年12月28日

『脳のプライミング効果』

先週2学期期末テストの結果を貼りだしました。

今回のテスト対策では、みんなとても、内容は難しかったし疲れていました。でも頑張ってしっかり結果も出せました。成績上昇者の皆さん、おめでとうございます!

GーPAPILSの講師は、発破をかけるために、時に厳しい話をした後にも必ず最後にはポジティブな言葉を使うようにしています。これは、脳科学者で、『80歳でも脳が老化しない人がやっていること』の著者の西剛志氏の考案された『マイナスの言葉の後の『でも』の法則』に似ています。

西氏によると、脳は、文の一番最後に来た情報を印象に残しやすいという性質があるのだそうです。例えば、「疲れた」が文の最後であれば、「疲れた」という情報を残し、「でも」の後に「頑張った」と言うと「頑張った」という情報を残すのだそうです。

この前半ネガティブ発言からの後半ポジティブ発言の『「でも」の法則』を続けていくと、たくさんの自分ができていること、有難いこと、素晴らしいものに目を向けていなかったことに気づかされて、世界の見え方が少しずつ変わるのだそうです。それがやがては、周りからの評価もより良くなっていくとのこと。つまり、何事もうまくいく人はこのように脳に良い言葉の使い方をしている人が多いのだそうです。

是非、だまされたと思って、実践してみて下さい。早ければ一か月くらいで効果が表れるかもしれません。もちろん言い方を逆にしては絶対にダメですよ!!

*春日部校は、現在募集をストップしております。

G-PAPILS 春日部校

2022年12月22日

『3・3システム』

前回『フルバック法』のお話をしました。しかし、その方法には欠点もあるというお話もしました。その欠点を無くし、改良したのが、『3・3システム』という勉強法です。

【3・3システム】→サッカーのフォーメーションみたいですね(笑)

例えば6単元ある問題集をやるとして、1日目は1単元・2単元・3単元をやる。2日目、2単元・3単元・4単元をやります。3日目、3単元・4単元・5単元をやります。4日目、4単元・5単元・6単元をやります。5日目、5単元・6六単元・1単元。6日目、6単元・1単元・2単元。というように、毎日三単元やり、常に新しい単元に一つずらしながらやっていくというものです。この方法であれば全ての単元を3回ずつ繰り返しやることになるので、後半が手薄になることもないし、勉強が進んでも一日にやる量は常に三単元なので、復習の負担も『スイッチフルバック法』よりは少なくてすむのです。もちろん学習量は『スイッチフルバック法』よりも少なくなるので『完璧』とはいかず、せいぜい『7~8割』程度の定着と多少控えめにはなってしまうが、今までのように「やっては忘れ、やっては忘れ」を繰り返すよりははるかに定着率の良い学習法なのは間違いないのです。

先週に引き続き、以上が究極の勉強法『スイッチフルバック法』と『3・3システム』です。どちらもかなり効果的な学習法なので、まだやったことが無い人は、今すぐにでも実践して欲しいと思います。まずは、学校のワークや塾のワークのやり方にこの方法を取り入れてみて下さい。ただし今までの全ての勉強法に当てはまりますが、勉強法を知っているだけでは成績など絶対上がらないのです。実践した人だけが栄光をつかむのだということは是非忘れないで欲しいと思います!!

*春日部校では、現在募集をストップさせて頂いております。

G-PAPILS 春日部校

2022年12月14日

サッカー⚽日本のクロアチア戦惜敗とスイッチフルバック法

サッカーワールドカップ。日本は今回、日本サッカー史に語り告げられる結果を残してくれました。惜しくもクロアチア戦で敗れベスト8の壁は超えられませんでしたが、4年後のワールドカップきっとその壁を越えられると思います!印象的だったのが、インタビューで「準備」という言葉が日本選手から沢山出たことは、非常にブラボーだったなと思います。なぜかというと、サッカーも勉強も、目標に向かう姿勢はみな同じだと思うからです!定期テストに向けて、入試に向けて、目標を達成する準備をどうしていくべきか…それは『復習』『繰り返し』です。

さて、『復習』『繰り返し』のは大事というのは、もう皆さんはご存じのことと思います。人間は忘れる生き物であり、そのために『復習』と『繰り返し』をしなければならない宿命を背負った生き物なのです。しかし、この宿命も裏を返せば、『復習』と『繰り返し』さえすれば思い出せるものの量は飛躍的にアップするということです。まさに『ピンチはチャンス!』なのです。そして、そんな人間の脳の特性を踏まえた究極の勉強の仕方があります。その名も『スイッチフルバック法』です。

【スイッチフルバック法】

方法は簡単です。毎日の勉強で新しい単元やページに進むときに、今までの復習をすべてやること。以上です。例えば、ある問題集をやるときに、1日目に1~2ページをやったら、2日目は1~2ページを復習してから3~4ページに進む。3日目には1~4ページを復習してから5~6ページに進む。つまり新たな2ページに進む前にそれまでにやった全てのページを復習してから進むというものです。この方法だと毎日全てを復習することになるので、忘れている暇もなく全てを覚えてしまうのです。大学入試の英単語を覚えるときにはほとんど常識となっている勉強法なので、もしかすると知っている人も多いかもしれません。この方法は単語の暗記だけでなく、教科書の暗記、問題集などそれこそありとあらゆる勉強に有効な方法なのでぜひとも実践して欲しいのです。特に学校のワークをこの『スイッチフルバック法』でやってみてほしいと思います。きっとしっかりとやれば、ものすごく点数が取れる自分になっているはずです。全ての復習をしてから先に進むのでとても大変なように思えますが、実際にやってみるとわかると思うが復習はそれこそ毎日やっているのでページ数は増えるもののそれほど時間もかからずに出来るようになってくるのです。しかし、この『スイッチフルバック法』にも欠点があります。ご想像の通りだと思いますが、この方法にはある程度の根性が必要であるということです。なぜなら、勉強は進めば進むほど復習量が膨大となってくるからです。また、前の方の単元は何度も繰り返すので完璧になりますが、後の方の単元になればなるほど繰り返し不足になってしまうという欠点もあります。そこでこの『スイッチフルバック法』の欠点をなくし、誰でも実践できるように改良した方法がありますが、それは次回のブログでお楽しみに!

*春日部校では、現在募集をストップさせて頂いております。

G-PAPILS 春日部校

2022年12月9日

2学期の期末テスト結果

勝率9.8%と言われたサッカーでの、日本対スペイン戦!

日本…          

勝ちましたね!!

やったー!!

午前4時からの興奮がまだ冷めやらぬ感じですが、インタビューで日本の選手の方たちが、一様に「次に向けてしっかり準備をしていく。」という趣旨の話をしていました。その言葉を聞いて思いましたね。これは、定期テストの勉強でも同じことが言えます!きちんと準備していって、ワールドカップ決勝トーナメントにコマを進められた日本のサッカーのように、是非今回のテストの反省を生かして、前もって学年末テストは準備していってほしいと思います。

2学期期末テストの結果です。難しい内容の中、今回自己ベストを出せた生徒もいました!

おめでとうございます!長友選手の言葉を借りれば、

「ブラボーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!」

【 12月2日判明分、各教科80点以上、各科目10点以上UP、5科400点以上、10点以上UP者】

春日部1年 A・Mくん 英語84点!理科!社会11点UP!86点!

5科12点UP! 合計400点以上!

春日部1 R・Sくん 数学16UP!英語87点!理科20点UP!80点!

社会19点UP!80点!5科67点UP!

春日部中3年 S・Tさん 理科34点UP!

春日部3年 A・Oさん 数学14UP!

春日部中3年 K・Tさん 数学26点UP!社会13UP!5科33点UP!

豊野中3年  G・Aくん  理科88点!

 中3年 T・Mくん      国語 18点UP!86点!数学12点UP!86点!英語80点!

理科86点!社会14点UP!96点!5科430以上

 R・Oさん     国語 31点UP!81点!数学13点UP!5科42点UP!

学年末テストに向けて、今回の結果の振り返りを必ずしていって、次のテストに向けての準備をしていきましょう!

*只今、春日部校はオンライン個別以外の全コース募集を停止しております。

G-PAPILS 春日部校

2022年12月2日

勉強道具四天王④ストップウォッチ、キッチンタイマー

勉強道具四天王最後は、ストップウォッチもしくはキッチンタイマーです。これらは受験生の必須アイテムです。受験生以外でも普段の勉強から時間をはかって勉強することは重要です。最近では100円ショップでもそこそこのものが売っているようなので持っていない人は、今すぐに買って机の引き出しに忍ばせておきましょう。

ただなんとなく問題を解くよりも、時間を計って問題を解くほうが集中力は圧倒的に上がります。また、そこまでしなくとも、問題を解くときに制限時間をもうけたり勉強時間を分単位で区切ったりすることで、集中力アップだけでなく試験での時間の感覚を養ったり、自分が問題を解くペースをつかむ等、様々なプラスがあります。そして、以前『音読』と『単純計算』は脳を活性化させヤル気を引き出すという話をしたと思いますが、それはつまり、勉強をしようと思ったときにはじめに『音読』か『単純計算』をしてから勉強をするほうが効率的なのです。スポーツをする前に準備運動をするように、頭にも準備運動(準備勉強)が必要なのです。

そこで、準備勉強として思いっきり集中して短時間で出来るものとしておすすめなのが『100マス計算』です。ここ数年小中学校で流行っているので一度はやったことがあるとは思いますが、たかが足し算、引き算、掛け算とバカにしてはいけないのです。実際に100マス計算直後の脳は記憶力がとても高くなっているという研究結果が報告されているのです。特に100マスの掛け算と引き算は重要です。中学生でも数学が苦手な人の多くは、この「くり下がりのある引き算」と「掛け算九九」が使いこなせていないことに問題がある場合が多いのです。

勉強前のたったの5分(早い人は小学生でも1分台でやります。)でそれからの勉強時間が今まで以上に充実するのです。悪いことは言わないから今日から早速やってみてください。そして集中して100マス計算をして一分台でできない人は基礎計算力で小学生に負けているという衝撃の事実をしっかりと受け止めて、日々1分台を目指してストップウォッチ片手に100マス計算に取り組んでみましょう。

*春日部校は現在募集を停止しております。

2022年11月25日

中3北辰テスト第6回結果と勉強道具の話③

11月17日(木)に第6回の北辰テストの結果が返ってきました。

今回の北辰テストは、英語が特に全県平均点が38点と低かったり全体的にも難しく、なかなかこの回は成績を上げるのが難しかった中で、大幅に偏差値を上げられた人がいました。素晴らしいです!

前回より偏差値3以上UP者

春日部中 S・N くん 数学7UP

豊野中 G・Aくん 数学5UP 社会4UP 英語3UP

春日部中 A・Oさん 国語6UP 数学8UP 理科9UP

春日部中 S・Tさん 数学4UP 社会6UP 英語3UP

緑中 R・Oさん 英語3UP

春日部中 K・Tさん 数学9UP 社会9UP 英語3UP

緑中 T・Mくん 理科3UP

次の第7回もさらに伸びるように頑張りましょう!

今回の勉強道具四天王の3番目のご紹介は、付箋紙(ふせんし)です。

付箋紙とは、「ポストイット」や「タックメモ」と言う商品名で売られている「ノリがついていてはったりはがせたりするメモ用紙」のことです。大きさや色や形がたくさんあるので目的に応じて使い分けるのも楽しいものです。100円ショップにも様々な種類が売っているので自分の好みのものを探してみてください。中学生でこれを使って勉強している人はあまり見かけないですが、勉強道具としてもなかなか優れものなのです。そこで、主な使い方をご紹介しましょう。

その1、しおりとして使う。

本や教科書にしおりとして使用するのです。付箋紙の端っこが本から飛び出すようにはると、本を閉じてもどこまで読んだかすぐにわかるのです。普通のしおりと違い、落としてしまうことがあまりないので安心です。教科書なら試験範囲の最初のページと最後のページにはっておくと、どこからどこまでが試験範囲かが一目瞭然になるので便利です。

その2、目印として使う。

図書館の本や友達から借りた本など、書き込んではいけない本などにメモ書きをしたいときにペタリとはってメモするのです。また、教科書、ノート、辞書、参考書、問題集、資料集など複数の教材を使って勉強していると、ごちゃごちゃになって何がなんだかわからなくなってしまうことはないでしょうか?そんなときに関係のあるページに目印としてはっておくのです。できれば複数の色を用意して、関係のあるページには同じ色の付箋紙をはっておくと後でもう一度調べるときに大幅に手間が省けるので勉強の効率が上がります。

その3、暗記カードとして使う。

表に問題、裏に答を書いて何回も使って単語などを覚えるのです。覚えたものは教科書やノートにはっておけば後で復習に使えます。また、覚えられないものは普段持ち歩く手帳などにはれば持ち運びができ、いつでも勉強が出来るのです。さらに、トイレや勉強机に座ったときに目の前になるところにはって、覚えたものからはがす等工夫次第でいつでもどこでも勉強が出来るので便利です。

その4、目隠しとして使う。

教科書やノートの暗記事項にペタリとはって覚えられないときにチラリとめくって確認するのです。隠す場所に応じてハサミで切らなければならないですが、暗記ペンでは塗りにくいイラストや写真なども大きめのサイズの付箋紙をはって隠せるので、覚えたいものによって暗記ペンと付箋紙を使い分けられると上級者の仲間入りになれますね。

主な使い方はだいたい以上ですが、まだまだ色々な使い方が出来るアイテムだと思いますので、工夫して使ってみて欲しいと思います。

*現在、春日部校は募集を停止しております。

2022年11月18日