ジーパピルスではAI(人工知能)搭載の個別最適化学習支援ツール「GDLS」を活用しています。単元に沿った問題を出題し、講師は学習状況をリアルタイムで確認ができます。

GDLSを活用することによって、最も効果を感じていることは2つ。

1つ目は、得意・不得意単元の詳細を可視化でき、それが生徒のモチベーションアップに繋がっていること。

GDLSでは、どの単元を何問解き、どの問題が正解不正解だったのかだけではなく、どの単元のどの分野が得意・不得意なのかを把握することができます。

例えば、連立方程式の文章題を苦手とする生徒は多いですが、「どういう文章問題が苦手?」と聞くと、答えられない生徒がほとんどです。

GDLSでは、文章問題の中でも細かく分野毎に分かれています。そのため、速さの問題なのか、割合の問題なのか、式の組み立て方なのか、生徒が何を苦手としているのかを可視化することができます。

2つ目は、生徒が「いつ」学習しているのかを講師が把握できることです。

GDLSでは、生徒のログイン状況を把握することができます。例えば、Aさんは夜中の1時にログインしている日が多く見受けられたので、生徒面談をして、帰宅してからのおおまかなタイムスケジュールを伺い、学習時間や生活リズムに関する改善案をアドバイスすることができました。

このように、いままでは学習面に集中したアドバイスをすることが多かったのですが、GDLSを活用することによって、生徒の生活リズムや勉強時間確保の仕方について、幅広く、より具体的にアドバイスができるようになりました。

ジーパピルスでは、学習管理はもちろん、生徒面談や生徒指導にもGDLSをフル活用し、生徒一人ひとりの状況に適した学習指導・進路指導を行ってまいります。

ジーパピルス公式SNS更新中!

 

*******

G-PAPILS与野校

2021年12月20日

読解トレーニングコースの紹介をさせて頂きましたが、本日は受講生の様子をご紹介!

読解トレーニングコース=文章 と思っている方が多いかと思いますが、

図形や記号を用いた能力トレーニングのメニューが多く組み込まれています。

読解トレーニングコースは、文章を読み解くために必要な文章トレーニングだけではなく、

速読に必要な思考力、探索力、短期記憶力、認識力、判断力も養います。

国語だけでなく、様々な教科の学習をすることもできます。ご興味のある方は、是非体験してみてください。

2021年12月14日

突然ですが!!

皆さんは、勉強と部活の両立はできていますか?

★大切なことは…

 毎回の授業に集中して取り組む

毎回の授業で、先生の話を聞きもらさないように集中して授業に取り組むこと、しっかりとノートをとって、復習できる準備をしておくことが大切です。先生の話やノートの中に定期テストで出される問題のヒントが沢山あります。

 わからないことをわからないままにしないで、先生に質問する

ちょっとわからないことでも、時間がたてばたつほど、すごくわからなくなります。

先生は、前回の授業内容が生徒にわかっていると判断して授業を進めます。もし、ちょっとわからないことをそのままにしていれば、次の授業は全くわからなくなることはよくあることなのです。ちょっとわからないと感じた時に質問をして、わかるようにすれば、わからないことが積み重なる心配はないのです。

 テスト前は、テスト勉強をする

普段の授業をしっかり受けていても、私たちは少しずつ忘れてしまうものです。また、中学校のテストは、授業の中で学習したことがそのまま出されるわけではありません。学習内容を使って問題が解けるように特別にテスト勉強をしておくことが必要です。

再度、確認してみて下さいね!

ジーパピルス公式SNS更新中!

2021年12月9日
あなたの読解力をテスト!読み解く力を鍛える方法とは?

読解力を鍛えるにはどうすればいいのでしょうか。
読解力を向上させるためのいくつかの方法をご紹介します。

自分の読解力がどのくらいなのか、実力を知ることができることが読解力向上の第一歩です。まずはあなたの読解力をテスト!
みなさんは下の読解力の問題(リーディングスキルテスト)をどのくらいの時間で解けますか?

難問?!読解力テスト3問に挑戦しよう

*******************

読解力問題 問1

以下の文を読みなさい。
Alexは男性にも女性にも使われる名前で、女性の名Alexandraの愛称であるが、男性の名Alexanderの愛称でもある。

この文脈において、以下の文中の空欄にあてはまる最も適当なものを選択肢のうちから1つ選びなさい。

Alexandraの愛称は(  )である。

①Alex
②Alexander
③男性
④女性
*******************

「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」 新井紀子著 東洋経済新報社

短い文章ですが、よく読まないとわからない問題ですよね。

この問題における中学生(235名)の正答率は、たったの37.9%。

高校生(432名)の正答率は64.6%でした。

 
→解答はこちら

 

 

続いては、大人にも誤答が多かったという問題です。

*******************

読解力問題 問2

アミラーゼという酵素はグルコースがつながってできたデンプンを分解するが、同じグルコースからできていても、形が違うセルロースは分解できない。

この文脈において、以下の文中の空欄にあてはまる最も適当なものを選択肢のうちから1つ選びなさい。

セルロースは(  )と形が違う。

①アミラーゼ
②デンプン
③グルコース
④酵素
*******************

「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」 新井紀子著 東洋経済新報社

→解答はこちら

近年の高校入試では、教科に関係なく複数の図表を読み解く問題が出題される傾向があります。

*******************

読解力問題 問3

次に示された発電量の内訳の比率を表したグラフをもとに考えたとき、文の内容は正しいか正しくないかを答えなさい。

石炭と石油の発電量を合わせても、天然ガスの発電量以下である

①正しい
②正しくない

*******************

→解答はこちら

 

このように、文章をすらすら「読む」ことができたとしても、そこで述べられていることを正しく理解し、内容を把握できているとは限りません。

文章を「読み解く」とは、言葉の意味や働き、文法などをふまえて、文章の構造を正しくつかみ、内容を理解することなのです。
近年、このような基礎的な読解力が低いために、教科書レベルの文章を正しく読めていない生徒たちが多くいると問題視されています。

 

【家でもできる、読解力を鍛える方法は?】

では、読解力を鍛えるにはどうすればいいのでしょうか。読解力を向上させるためのいくつかの方法をご紹介します。

・読書で正しく文章を読む練習をする

まずは文章を正しく読む必要があります。そのためには内容を理解していない「飛ばし読み」や「斜め読み」をしないように、前から順番に読むことが大切です。
どうしても飛ばして読んでしまうくせがついている人は、ペンで追いながら読んだり、線を引きながら読むといいでしょう。

・文章を要約する

つぎに、読解力を向上させるための練習として「要約」が有効と言われています。文章を短くまとめるためには内容を正しく理解し、別の言葉で置き換える必要があります。本や文章、ニュースを短くまとめる練習をしてみましょう。
文章にするだけでなく、日常の会話で他の人に「簡潔に説明」するというのも練習になるでしょう。

2021年1月から実施されるの大学入学共通テストでは「記述式」の導入は見送られましたが、大学別の入試や高校入試、定期テストではこういった文章を要約する記述問題が出題されています。
読解力を向上させることを日頃から心がけることで、入試やテストで役立つ読解力を身につけたいですね。

 

【読解力を段階的に鍛えるトレーニングをご紹介】

「読解トレーニング講座」では、読解力を体系的にトレーニングします。
短い文章から始めて、図入りの問題や長文問題などレベルアップしながら読解力の向上を目指します。

読解力トレーニング(例)

 

まとめ

自分の読解力を知って、トレーニングしよう!

  • 読書で読み飛ばしたりななめ読みをしないようにする
  • 読書した内容やニュースを「要約」する
  • 短い文章の読解力問題から解く練習をする

読解力は全ての教科や仕事・会話で必要な力です。特に、これからのテストでは複数の資料や会話文を読んで解く内容が出題されます。
読解力を具体的に測る機会はなかなかないかもしれませんが、このページの読解力テストで答えを間違えた人、解くのに時間がかかってしまった人は読解力トレーニングに挑戦してみましょう。

2021年12月1日

街中もクリスマスの装飾が多くなってきましたので

校舎でも12月の飾りつけをしました!クリスマスツリーやリース、オーナメント・・・!

子どもたちもテスト前ですが、ワクワクするそうです!

大人たちも飾りつけは大変ですがその様子が見たくて飾りつけを一生懸命頑張りました!!

2021年11月26日

先日こちらのブログで、読解トレーニングコースの紹介をさせて頂きましたが、本日は受講生の様子をご紹介!

 

 

 

 

 

読解トレーニングコース=文章 と思っている方が多いのですが、図形や記号を用いた能力トレーニングのメニューが多く組み込まれています。

読解トレーニングコースは、文章を読み解くために必要な文章トレーニングだけではなく、速読に必要な思考力、探索力、短期記憶力、認識力、判断力も養います。

国語だけでなく、様々な教科の学習をすることもできます。ご興味のある方は、是非体験してみてください。

2021年11月24日

2020年度小学校学習指導要領改訂、2021年度中学校学習指導要領改訂に続き、
2022年度は高校の学習指導要領が改訂され、新たに「情報Ⅰ」が必修化されます。

この「情報」は、現在の中3生が受ける「大学入学共通テスト」から出題科目となります。

この「情報」では、プログラミング等の基礎を通して、思考力や判断力、問題解決能力を測る問題が出題される予定です。

こういった大学入試の変化を受けて、高校入試においても思考力などを問う問題も増えてきていますが、この傾向は今後もさらに強まると考えられます。

これらの力は、ただ問題を解くだけではつきにくいですが、考えた過程に注意を置いて振り返る学習が効果的とされています。

例えば、「なぜこの解答をしたのか」を考え、「問題のココに注目すべきだった!」というような振り返り方です。

生徒の皆さんには、結果はもちろんですが、ぜひ「過程」にも着目して学習に取り組んでほしいと思っています。

ジーパピルス与野校は、すべての学年において、今年度の募集を停止させて頂きました。

2021年10月23日

これからの授業に備えて、今から“教室×家庭” で「速読力・読解力」を鍛える

今日は、すべての学習に役立つ「速読力」「読解力」を鍛える「読解トレーニングコース」を紹介します。

速く読む力と、解く力を鍛える「読解トレーニングコース」とは

G-PAPILSの「読解トレーニングコース」

「読解トレーニングコース」とは、速く読む力と、解く力を鍛えるトレーニングです。
学習塾で学ぶ学生の方向けに開発された「テストや学習に役立つ」、塾と家で学べるICT教材なので小学生〜高校生のみなさんにおすすめです。

まず累計25万人が実践した「速読トレーニング」で、普段の学習や受験対策に有効な約3倍の読書スピードを目指します。そして、「解くトレーニング」で文章を理解にするために必要な基礎的読解力と、文章の全体把握、理解力の向上を目指します。
つまり、速く読むだけでなく、内容を理解する力もバランスよく鍛えることができるんです。

処理能力や集中力、記憶力のアップも期待できる

脳力トレーニングで速読に必要な力を鍛える

速読をするためには、読んだ内容を覚えるための「記憶力」、正しい内容を選ぶための「判断力」、必要なワードを見つけるための「検索力」といった脳力も必要です。
今までトレーニングした10万人以上の結果を見ると、「速解力」と共に「記憶力」「判断力」「検索力」が伸びていることがわかります。

トレーニングはパソコンやiPadで行います。 一人ひとりのスピードに合わせた「オートトレーニング」が展開されるので操作もかんたん!さらに、トレーニングで貯めた仮想通貨でアバターのきせかえなど楽しい仕掛けもありますよ!

 

 

 

速読解力講座 って知ってる?〜速読解力講座のご紹介

2021年10月15日

10月中旬、まだまだ暑い日もありますが!

 

 

 

 

校舎では秋+ハロウィンでグッと明るくなりました!

10月は検定、北辰テスト、定期テストと中学生にとってはどれも欠かせないイベントが目白押しです!講師一同、精一杯ご指導させていただきます!

 

2021年10月15日

こんにちは!

いつもお世話になっております。ジーパピルス与野校です。

今回はお知らせがございます。

初めに、当塾の新コースのご紹介です。

まず一つ目が、「オンライン個別指導コース」です。

こちらはオンラインで行う、1対1の個別指導です。わからないところがあれば、その場で自分だけの担当講師に質問し、教えてもらうことができます。また、ご自宅でできるので、安全に学習ができます。苦手な科目の成績アップに最適です。

次にご紹介するのは、「ホームラーニングコース」です。

自宅での映像授業によるオンライン授業と、通塾して授業を受ける両方をミックスしたコースです。悪天候時や部活で少々疲れ気味のとき、わざわざ塾まで通わずとも、学習できるというメリットがあります。

どちらもコロナ禍の今の時代に合わせた、非常に人気のコースです。ご興味のある方は是非ご体

験ください。

最後に、当塾の「学びフリーコース」ですが、大好評の中、満席となってしまったため、誠に勝手ながら、募集を停止とさせていただきます。今まで、数々のご紹介、ありがとうございました。

今後とも、当塾をよろしくお願いいたします。

 

*******

G-PAPILS与野校

2021年10月9日