タグ別アーカイブ: 2学期定期テスト対策

先週から試験対策が始まっています。

試験対策の様子を撮影しました!

DSC_01240

集中して問題に取り組んでいます!

 

DSC_0179

きれいにノートにまとめていますね!塾では副教科の対策時間も設けるようにしております。

 

DSC_0187

いい姿勢です!いい学習はいい姿勢から!

 

DSC_0175

一日に行った内容をシートにまとめて提出。

先生がチェックし、カウンセリングに活用します!

 

 

 

戸田新曽校の試験対策はアウトプットが中心です。

なので対策中は全員静かに問題を解いています。

質問は教室の外で、ほかの生徒の集中を妨げないよう配慮します。

 

塾なので「教える」ことを期待されがちですが、

「集中して学習できる環境を提供する」

これも塾として果たすべき役割なのではないかと考えています。

 

 

 

オープンテスト、残席僅かです。

オープンテスト

https://www.g-sign-1.com/202002open_test/

 

 

DSC_0035 kai 新校舎地図

サイン・ワン戸田新曽校

 

近年よく聞くようになった「アクティブラーニング」

勉強の効果を最大化する意味でもぜひお子様に実践してほしいものですが、

そもそも「アクティブラーニング」とはなんでしょうか?

直訳すれば「活動的、積極的な学び」となりますが、別に勉強を好きになりなさい、

というものではありません。

「アクティブラーニング」は勉強の効果を最大化する「方法」であり、

「勉強に取り組む姿勢」などという抽象的な概念ではありません。

メンタリストDaigo 「超効率勉強法」によると

「アクティブラーニング」を実践する際に意識する要素は2つ

「想起」と「再言語化」

「想起」は文字通り「思い出す」ことです。

インプットした記憶が正しくアウトプットされるか確認しなければならない、ということです。

「勉強したつもりになるだけで効果のない勉強」にはこの「想起」の練習が足りないことが多いです。

日本人は知識をインプットすることに重点を置いて勉強をする人が多い印象がありますが、

覚えることのゴールは「いつでも知識をアウトプットできる状態」です。

 

 

「再言語化」は「言い換え」といえばわかりやすいかと思います。

これはインプットの質を上げるうえで重要なテクニックです。

教科書の文言をそのまま丸暗記するのではなく、自分の解釈を踏まえて

自分にとってわかりやすい言葉に「言い換える」ことで、

知識の理解度と記憶の定着度が格段に上がります。

勉強を教える「先生」たちが勉強がよくできる理由は

普段から授業を通して「再言語化」を実践しているからともいえます。

(もちろん先生たちは昔から得意な人が大半でしょうが)

 

 

 

「想起」に関しては、「模試」や「テスト」が有効であると言われています。

なので、皆様ぜひオープンテストをご活用ください!

オープンテスト

https://www.g-sign-1.com/202002open_test/

 

新校舎地図DSC_0035 kai

サイン・ワン戸田新曽校

期末試験結果

 

 

期末試験の結果がほぼ出揃いました。

今回は理科・社会での高得点が特に目立ちました!

皆さんテスト対策お疲れさまでした。

 

中3生は入試に向けてあと少し、最後まで諦めず努力を続けていきましょう。

 

中1、中2は学年末や年明けの英検に向けて、メリハリを付けて頑張って欲しいです。

 

そして、小6は冬期講習から中学生の準備を始めていきましょう。

先輩たちに負けないよう今から対策しておきたいですね。

 

それぞれにとって重要な冬期講習が、12月24日(火)からスタートします!

一緒に頑張る生徒をお待ちしています!

冬期講習 新中1

 

新校舎地図  DSC_0035 kai

校舎HP→サイン・ワン戸田新曽校

只今校舎では、年内最後の定期試験対策の真っ最中です。

土曜日日曜日も、生徒たちは一生懸命勉強していました。

DSC_0121  DSC_0123

中3生は受験までもう一踏ん張り、体調に気をつけて悔いのないようにしましょう。

中1中2も一生懸命頑張って気持ちよく年末年始を過ごせるように頑張ってください!

 

 

定期試験対策をより良いものにするために、生徒にはたくさんのアドバイスをしています。

その中から1つご紹介します。

「イメージトレーニング」

スポーツの世界ではパフォーマンス向上のために行われるイメージトレーニングですが、

これは勉強にも応用することができます。

ワークやノート、教科書を何回も読んだり実施したりしても点数が上がらない子は、

まず自分の過去のテストを見直して、自分が間違えた問題がどんな問題なのか見てみましょう。

その後、「今度の試験範囲で、こんな問題出されたら正解できなさそう、、、」

という「出されたら間違えるであろう問題」を自分で作ってしまうのです。

この「出されたら間違えるであろう問題」に備えることは非常にお得です。

出たら「対策しておいてラッキー」ですし、出なければ「出てこなくてラッキー」なので

損することがありません。

ワークなど一通り終わった子は是非試してみてください。

 

 

 

 

11月無料体験受付中!

11月体験

新中1向けの企画盛りだくさん!!

新中1

新中1オープン

冬期講習会無料体験受付中!

冬期講習

 

 

新校舎地図  試験結果

校舎HPまでお問い合わせください!→サイン・ワン戸田新曽校

本日(9/23)より、2学期の中間テストの対策を実施致します。

通常授業も土日の勉強会も演習形式で行わせて頂きます。

20190511_193936310

 

東所沢校のテスト対策で意識しておこなっているのは、

生徒面談(カウンセリング)です。

生徒面談の目的

① 生徒の学習進路の把握

② 生徒が考えた学習進路へのアドバイス

③ 叱咤激励

④ わからない問題への質問対応

⑤ スタッフ全員での生徒の学習の癖を把握

生徒自身が主体的に取り組めるように、生徒一人一人と面と向かって話をすることで、

個別対応が可能となっています。

受動的な学習でなく、積極的な学習をすることが重要であると考えています。

 

2学期の体験生募集中です。

気になる点がございましたら、お問い合わせください。お待ちしています。

 

担当:西脇

TEL:04-2946-5400