小学生の勉強の動機とは・・・?

保護者のみなさん、こんにちは。
サインワン運営本部の佐久間です。

6月になり、暑い日が少しずつ増えてきました。
そろそろ梅雨入りしそうですね。この時期、私たち塾の先生は中学生の期末試験に向けて本気で向き合っています。多くの中学校では、定期試験に伴って学年順位が発表されますから、中学生は順位や総合得点を一つの指標として頑張っています。

ちなみに、埼玉県の高校入試において内申評価は絶対に避けて通ることはできません。それは、今後制度が変わる現中1の世代においても同様です。言い換えれば、中学生である以上、勉強することについては明確な高校入試という目的が存在しているのです。

小学生の授業のワンシーン

一方で、公立の小学校では学校内で勉強における競い合いは顕在化されていません。友達同士での単元テスト比較などは日常的にあるかもしれませんが、長いスパンで見たときの学習の指標が見えにくくなっているのが現状です。

そこで、保護者のみなさんにオススメしたいのが、「模擬試験の受験」。学校の単元テストとは性質の異なる「範囲の広いテスト」を受験し、自分の立ち位置を知ることで、学習モチベーションを大きく刺激してくれる効果が期待できるからです。

勉強の目的を、「将来のため」などと話してくれる小学生がたまにいますが、実際はテンプレ的に話してくれているだけでしょう。実は彼らが本気になれる瞬間は、「友達に負けたくない」とか「自分の中で納得できるような点数じゃなかった」といった、自分の心を動かすような出来事であったときが多かったりするのです。

6月8日(土)に続き、7月6日(土)にもオープンテストを実施します。こちらのテストはサインワンにお通いでないお子様を無料でご招待するものです。お子様の現状の把握にとてもとても優れたテストですので、ぜひ一度ご検討ください!

2024年6月7日

学習量

保護者のみなさん、こんにちは。
サインワン運営本部の佐久間です。

今日のテーマは「学習量」です。

もっとたくさん学習してほしい。そのように感じる保護者様は少なくないはずです。以下、他社様の研究調査結果を拝見して引用するものですが、小学4年生の平均的な学習時間(学校の学習時間除く)は、学習塾や家庭教師なども含めて平均1時間12分だそうです。同じく、小学5年生では1時間26分、小学6年生では1時間30分、そして中学1年生は1時間23分、中学2年生は1時間26分とのこと。

サインワンで毎月発刊する情報誌「ミルキーウェイ」

一方で、これを学校の学習習熟度別に見ると、勉強の得意な子と苦手な子の層の学習時間の差は、一日につき30分程度という結果が出ています。
もちろん、上位層の方が1時間38分という結果で30分ほど長くなっているのですが、ここで注目していただきたいのは、1日につき「たったの30分程度の差」ということです。
中学生に至っては、「たったの20分程度の差」というわけですから、如何に日々の習慣が大切かということが理解できますね。

1日に30分の差は、平日5日間で2時間30分の差。これは1ヶ月にすると10時間にもなるわけですから、学習の到達度に差が出てくるのも当然と言えるでしょう。

私たちサインワンが提案している「学習量」は、通常の授業時間+ご自宅での宿題時間。塾に通っていただくだけで、平均的な学習時間を満たすことにつながります。前回こちらのブログに書いた「サタカン」によってモチベーションを維持することが期待できるので、学習姿勢に対する不安はかなり払拭できそうですね!
もしも家庭学習でお悩みの保護者様は、ぜひ一度当塾の事前カウンセリングにいらしてください(^^)

2024年5月27日

サタカン

保護者のみなさん、こんにちは。
サインワン運営本部の佐久間です。

今日のテーマは「サタカン」
サタカン??

ということで、サタカンのご案内からしたいと思います。
サタカンとは「サタデーカウンセリング」の略で、土曜日に実施している中1・中2対象のカウンセリングタイムのこと。

塾に来て通常の授業を受けるだけで成績が伸びる子もいますが、実際の成績の動きを見てみると、そんなに簡単ではありません。そこで、サインワンでは定期的に学習状況の確認をして目標を共有しています。

集団授業がメインの進学塾ですが、成績向上させるには個別対応は欠かせませんからね。

ちなみに、サタカン担当の先生は、コーチングの外部研修を受け認定証を持っています。そのため、理論に沿って生徒の話を傾聴し、承認、そして未来の目標を明らかにします。
さらには成績を伸ばすために必要な勉強方法や、学習スケジュールを先生が一緒に考えてくれるので、効率的に学習を進めることができるようになるのです。その際の先生の言葉が、子どもたちのやる気に火をつけてくれますよ。

勉強の仕方に迷っている方はぜひご相談ください(^^♪

2024年5月17日

学校との出会い

保護者のみなさん、こんにちは。

サインワン運営本部の佐久間です。

3月に実施した保護者会のアンケートで寄せられた声。

「英語が苦手」「家での学習量が少ない」「初めての中間だから心配」「どう勉強したらよいのか分からないようだ」「できなかった問題が分かるようになっているのか心配」「本人は最低限のことしかやりたがらない」「計算や書き間違いなどのミスが多い」「中学生の勉強の重要性を理解していない」などなど…。

実にたくさんの不安や心配の声が寄せられました。中には、「中学生になり、やる気を持って臨もうとしているのを感じています。」といった声も頂戴しましたが、お子さんの勉強に対する姿勢や取り組みに満足する声は全体の1割にも満たないのです…。

子どもが自ら勉強に取り組む姿勢には、「勉強を自分事としてとらえることができるか」が重要。それは誰もが分かっていると思うのだけれど、うちの子が「自分事」にできるのはいつなんだろう。

さて、そんなみなさまにご提案です。

どうしたらお子様が勉強を自分事としてとらえ、前向きに取り組むようになるのか。そのきっかけを提供するために、ぜひ学校説明会や見学会・体験入学を検討してみてください。百聞は一見に如かずとはよく言ったもので、実際に中学校や高校を体感することで、信じられないほどにモチベーションを高める子は多いです。

昨年実施した、春日部高校の見学会にて

魅力ある高校と早期に出会い、「こんな進路を実現したい」という本人の内から湧き出るようなモチベーションを獲得してくれたら、これ以上ない勉強のきっかけとなるはずです。

「どの学校を見学したら良いかなぁ」という方は、ぜひ当塾窓口にて職員へご相談ください。

2024年4月25日

合格の軌跡

保護者のみなさん、こんにちは。サインワン運営本部の佐久間です。

徐々に桜のつぼみがふくらみ始めて、春の訪れを感じますね。

サインワンでは現在、今通ってくれている塾生はもちろん、これから体験として先行予約をしてくれている外部生のため、春期講習の準備を着々と進めています。この春の講習が成績向上の大きなきっかけになってくれたら幸いです。

さて、今日はサインワンのHPを訪れてくれた方のモチベーションが上がるように、この春サインワンで高校合格を果たした塾生のコメントをご紹介したいと思います。

 

K・Yさん 不動岡高校・昌平高校合格

1年生の頃から不動岡高校を志望校としていましたが、初めての定期テストでは真ん中あたりの順位を取り、このままでは受からないと思い、危機感が芽生えました。そこで、それからの定期テストでは、塾を有効活用(分からないところがあったら先生に質問をするなど)するようにしました。その結果、1年生の学年末テストでは上位5%くらいの順位を取ることが出来ました。その後もそのくらいの順位を保ち続けることができました。自分は、諦めずに粘り強く努力をしたり、塾を有効活用したりすることが大切だと思います。努力した後にはきっと明るい未来が待ってる!

 

N・Hさん さいたま市立浦和高校・大宮開成高校合格

厳しい戦いの中で共に頑張る仲間が大切だと感じました。サインワンでは一緒に頑張る仲間もいましたし、先生たちが親身になってくれたので心強かったです。講習会の集中特訓ではいつもとは違うメンバーと競い合いながら勉強できたので刺激的でした。サインワンに通っていたので1年間、受験生を頑張れたと思います。

 

お二人とも、とても優秀な高校に合格しました。おめでとうございます!

この二人のコメントをご紹介したのは、塾に通うと自ずと芽生える「ある意識」に着目したからです。それは、「危機感」と「仲間」そして「競い合い」です。塾に通ったことによって、また同じクラスの仲間たちの頑張りを見ることで危機感や競争心が生まれる。そんな環境って、塾だからこそ手に入るものかもしれませんね。同じ目標に向かって一緒に競い合える仲間。そんな仲間がたくさんいる環境が塾にはあるのです。

 

これから塾を検討されている方にも、同じようにサインワンで目標を実現してもらいたいと思っています。春期講習は3月25日(月)からスタート。まだ間に合いますのでぜひお問い合わせください(^^♪

2024年3月23日