タグ別アーカイブ: 学年末テスト

 

 

 

先週末の3連休、校舎での定期試験対策の様子です。

これは2日目の最終コマ、1番疲れがたまり、集中力も切れるころ、

ただ、戸田新曽校の生徒たちは静かに一生懸命問題に取り組んでいます。

 

先日保護者の方が対策中にいらっしゃった際も、

「静かですね~、、、」

と感心していらっしゃいました。

 

これがしっかりと結果に結び付けられるよう、指導してまいります。

 

 

 

コロナウイルスの影響が各方面で出てまいりました。

校舎でも入口でのアルコール消毒を徹底し、予防に全力を尽くしてまいります。

 

 

DSC_0035 kai  新校舎地図

サイン・ワン戸田新曽校

DSC_0782

test対策

先日のテスト対策の様子です。

学年最後のテストということで真剣に取り組んでおります。

2月28日まで学年末テストです。最後まで頑張りましょう。

3月3日(火)新学年スタートとなります。

ご興味のある方はお問合せください。

進学塾サイン・ワン栗橋伊坂校 TEL 0480-55-0177

先週から試験対策が始まっています。

試験対策の様子を撮影しました!

DSC_01240

集中して問題に取り組んでいます!

 

DSC_0179

きれいにノートにまとめていますね!塾では副教科の対策時間も設けるようにしております。

 

DSC_0187

いい姿勢です!いい学習はいい姿勢から!

 

DSC_0175

一日に行った内容をシートにまとめて提出。

先生がチェックし、カウンセリングに活用します!

 

 

 

戸田新曽校の試験対策はアウトプットが中心です。

なので対策中は全員静かに問題を解いています。

質問は教室の外で、ほかの生徒の集中を妨げないよう配慮します。

 

塾なので「教える」ことを期待されがちですが、

「集中して学習できる環境を提供する」

これも塾として果たすべき役割なのではないかと考えています。

 

 

 

オープンテスト、残席僅かです。

オープンテスト

https://www.g-sign-1.com/202002open_test/

 

 

DSC_0035 kai 新校舎地図

サイン・ワン戸田新曽校

 

1581835628067

1581835752790

2月16日(日)はテスト対策を実施しました。

一人ひとりが自分のやるべきものを適切な量行っております。

2月22日(土)・23日(日)は栗橋東中・栗橋西中・大利根中の対策です。

テスト範囲の広さにびっくりした方はぜひ参加してみてください。

進学塾サイン・ワン栗橋伊坂校 TEL 0480-55-0177

 

サイン・ワン東所沢校では小学生でも楽しく通える工夫がある!

① 授業が何より楽しい。

   算数の授業では学校では教えないようなことも指導します。

   数字をみただけで3で割り切れるかどうかがわかる裏ワザとか。

  

② 毎日塾に来ることでポイントがたまる 

サインワンでは入塾の際に全生徒にKAZASUカードに登録して頂きます。

  こちらは入室の際と、退室の際に受付にあるカメラに向かってかざしていただくための

  カードです。かざしていただくと写真が撮れ、保護者様に入退室したことがメールで届く

  システムです。

  その貯まったポイントを500ポイント使って、年に3回抽選会を実施します。

抽選

景品はこんな感じです。

dav

受付にこういったBOXを置いてますので、応募期間中にBOXに入れて頂きます。

 

③ 生徒の頑張りを評価するシステム

 塾に来たら、スタンプ一個とか、学校のカラーテストで100点を取ったらスタンプ2個という

 ようなぐあいで、スタンプを貯めていく。

 スタンプ一個が1ポイントで100ポイント貯める景品と交換ができます。

dav

スタンプラリーシートです。

景品 

 

このようにサインワンでは楽しく通えるための工夫が目白押しです。

中学生の勉強は小学生の勉強を土台にした上に積み上げていくものです。

 

お問い合わせ電話番号 04ー2946ー5400

担当:西脇

 

 

近年よく聞くようになった「アクティブラーニング」

勉強の効果を最大化する意味でもぜひお子様に実践してほしいものですが、

そもそも「アクティブラーニング」とはなんでしょうか?

直訳すれば「活動的、積極的な学び」となりますが、別に勉強を好きになりなさい、

というものではありません。

「アクティブラーニング」は勉強の効果を最大化する「方法」であり、

「勉強に取り組む姿勢」などという抽象的な概念ではありません。

メンタリストDaigo 「超効率勉強法」によると

「アクティブラーニング」を実践する際に意識する要素は2つ

「想起」と「再言語化」

「想起」は文字通り「思い出す」ことです。

インプットした記憶が正しくアウトプットされるか確認しなければならない、ということです。

「勉強したつもりになるだけで効果のない勉強」にはこの「想起」の練習が足りないことが多いです。

日本人は知識をインプットすることに重点を置いて勉強をする人が多い印象がありますが、

覚えることのゴールは「いつでも知識をアウトプットできる状態」です。

 

 

「再言語化」は「言い換え」といえばわかりやすいかと思います。

これはインプットの質を上げるうえで重要なテクニックです。

教科書の文言をそのまま丸暗記するのではなく、自分の解釈を踏まえて

自分にとってわかりやすい言葉に「言い換える」ことで、

知識の理解度と記憶の定着度が格段に上がります。

勉強を教える「先生」たちが勉強がよくできる理由は

普段から授業を通して「再言語化」を実践しているからともいえます。

(もちろん先生たちは昔から得意な人が大半でしょうが)

 

 

 

「想起」に関しては、「模試」や「テスト」が有効であると言われています。

なので、皆様ぜひオープンテストをご活用ください!

オープンテスト

https://www.g-sign-1.com/202002open_test/

 

新校舎地図DSC_0035 kai

サイン・ワン戸田新曽校

進学塾サイン・ワン与野本町校

IMG_2908

中1 Yくん

1学期中間 30位

1学期期末 9位

2学期中間 14位

2学期期末 3位

講師「次の目標は?」

生徒「もちろん1位です!」

講師「今のところは順調?」

生徒「今回は国語と社会が前回より難しいのでこの土日に仕上げます」

しっかり自己分析できていますね

サイン・ワン与野本町校