教室長の森下です。

まだ一部残っていますが、ほとんどの中学で中間テストが終わりましたね。

いかがだったでしょうか?

やはり結果が待ち遠しくなりますよね。私自身も生徒全員の成績UPを目指して対策をおこなってい

ますから、それが結果に結びついていてほしいと思っています。

しかし、本当に大事なのは、結果を出すための工夫だと思っています。「自分は何が弱点なのか」

「弱点克服のために何をどのくらいやらなければならないのか」「どうやればいいのか」という

ことを考えられれば、楽しくなって積極的に勉強に取り組むようになり、結果が出てくると思いま

す。

この中で「弱点」を分析することは「AI」が出来るようになりました。今までは先生や保護者

の方の経験値から導き出していましたが、それは過去のケースにあてはめただけなので、必ずしも

ピッタリ合うわけではありませんでした。今では「AI]という客観的な判断が弱点を浮き彫りにして

それを元に勉強計画を作り上げてことが可能です。つまり理論上の成績UPは可能です。

そう考えてくると、成績UPのポイントは本人がそれを行うかどうかにかかっています。

DXが進めば進むほど「本人のモチベーション」がキーポイントであると思います。

 

 

2022年5月22日

G-papils西川口校、教室長森下です。

今日はG-papils西川口校の取り組みについてお話しいたします。

G-papils西川口校はPCやタブレットを使うという特性を活用して、「教育ICT」に力を入れています。「教育ICT」というと「なんだ?」と思う方も大勢いらっしゃると思います。私自身(50代)も正直そうでした!簡単に申し上げますと、デジタル機器を使った教育です。今回の新型コロナで思い知らされたことは、「外出できない」ということが現実に起こるということです。        それがきっかけでデジタル機器での教育が見直されてき始めました。そもそもG-PAPILSはタブレットを使う教育については以前より行っていたので、「教育ICT」でも効果的なカリキュラムをご用意しております。

まず一つ目は「プログラミング講座」です。

「QUREO」を使用しています。詳しくは「QUREO」のHPを参照いただきたいのですが、簡単に申し上げますと、段階を踏んで「ゲームを作る」というものです。学校でも行っているかもしれませんが、自由に進めて行けるところが楽しいと好評です。「プログラミング検定」を目指せるところも好評です。

 

二つ目は「速読講座」です

「速読」というと「速く読める」ことを目指しているようですが、それだけではなく「速く読めて、内容を正確につかむ」ことを目指しています。「眼筋のトレーニング」から「まちがいさがし」のような「脳力開発」まで多様なトレーニングが行なえます。国語の力はすべての教科の根幹です。その力を小学生のうちに身に着けてもらいたいです。

 

2022年5月15日

G-papils西川口校教室長の森下です。

ゴールデンウィークが終わり、本格的に学校生活がはじまります。昔から「5月病」と呼ばれているほど、5月は「だる~い」季節です。しかし、そんな気分と裏腹に学校生活は本格化してきます。その第一弾が「中間テスト」です。一部中間テストを行わない中学校はありますが、ほとんどの中学で、5月下旬に「中間テスト」が行われるようです。そこで、G-papils西川口校でも    早速5/6・5/7で「中間テスト対策」を行わないました

まだ、試験範囲が出ていない学校が多かったので、4月の授業で教わった単元を「G-PAPILの対策テキスト」を行わなってもらいました。「テスト勉強モード」に入れていない子もいましたが(笑)、概ねテストを意識して集中して勉強していました。特に中1生は部活が始まったので、疲れているようでしたが、常々「部活を理由に勉強を休まないこと」と話しているので、眠い目をこすりながら勉強していました。

というようにG-papils西川口校はテスト対策を始めています。対象は「青木中学校」「幸並中学校」「上青木中学校」「仲町中学校」「喜沢中学校」「蕨一中学校」です。

5/14(土)13:30~16:20で行います。

塾生以外でもご参加できます。ご参加ご希望の方は048-240ー5252(担当森下)までお電話ください

2022年5月8日

G-papils西川口校、教室長の森下です。

ゴールデンウイークが間近になりました。今年は制限のない連休ですから、出かけられる方もたくさんいらっしゃると思います。塾も新学期の喧騒も小さくなり、落ち着きを取り戻しました。

さあ、ゴールデンウイークを明けたら、中間テスト対策です。頑張っていきましょう!!

 

2022年4月24日

G-papils西川口校、教室長森下です。

先週から学校も始まり、授業もぼちぼち始まった頃だと思います。

もちろん、G-papils西川口校も今まで以上に元気にがんばっています。

写真は「進行表」という文字通り、生徒の進度を現した表です。この生徒は塾の用意した4月のカリキュラムを終わりにしてます。ペースは生徒それぞれですが、カリキュラムは終わらせてもらっています。

「ゆっくり解く生徒は無理では?」と疑問が出てきそうですが、そこは当塾オリジナルの「学びフリー」を利用すると解決します。普通の塾では曜日、日時、回数が決まっていますが、当塾の「学びフリー」は、ご契約いただいた科目については、いつでも、何時からでも、何回でも同じ授業料で授業を受けていただくことができます。これを利用すれば、じっくり勉強をする人は通塾回数や授業数を増やすことでカリキュラムを終わらせることができるのです。

話は変わりますが、「子供たちなぜゲームが好きなのでしょうか?」

いろいろな説があるとは思いますが、自分の時間で自分のペースでできるからだそうです。

G-papils西川口校はまさに、そのことを学習で実現させています。生徒たちは自分でペースを作って楽しそうに学習しています。

2022年4月17日

G-papils西川口校教室長 森下です

新学期が始まりました。塾をお探しだった方もそろそろお決めになった頃でしょうか。

G-papils西川口校では、3月→春期講習会と続いている新学年の予習をさらに続けています。

早い生徒だと学校の三単元先をおこなっています。G-PAPILSは塾で予習、学校で復習を考えて

います。もちろん、分からないまま進めているわけではありません。学びフリーというシステムを

使うことで、分からない部分に時間をかけ、なおかつ予習をすることが可能になっています。

自習室も完備しています。

いつでもご利用できます。(ただし、集中して勉強することが前提です(笑))

 

早速、新中1が自習に来ています

2022年4月10日

G-papils西川口校教室長の森下です。

今、春期講習会の真っ最中ですが、それも4/5(火)までで、4/8(金)からは新学期の通常授業がはじまります。

他の講習会に比べて、この春期講習会というのは「期間が圧倒的に短い」とあらためて思います。前回も書きましたが、この時期どの塾も新規募集に力を入れています。おそらくこのページをお読み方の中にも塾の体験に行かれた方が多くいらっしゃると思います。実はその流れで新学期授業となることが多いと思います。つまり「新学期授業」は「春期講習会」を前提で始まるということです。

では、「春期講習会」を体験なかったり、体験したけど合わなかったりした場合ですが、「個別塾」「自立学習塾」を体験されることをおすすめいたします。自分のペースでできることが、特徴です。新学期の5月ごろの授業まで進んでいる集団塾とはちがい、今からでも4月の最初から授業を行うことができます。

 

自立学習塾「G-papils西川口校」今からでも、いつでも授業に参加できます。おまちしております

2022年4月3日

G-PAPIL西川口校教室長森下です。

先日、青木北小の卒業式にお邪魔しましたが、在校生が両側で並んでいる間を卒業生がうれしそうに歩いていく姿を見て、少し世の中が落ち着いてきたことを実感しました。

ということで、小学校も中学校も「春休み」になりました。大人の世界では縁遠いこの「春休み」を子供たちにどう過ごさせるか? ある意味答えは決まっています。それは塾や習い事の「無料体験」に行かせることです。

この時期テレビコマーシャルやチラシを見れば、一目瞭然ですが、どの塾も習い事も「無料体験」をおこなっています。また、保護者から見れば「春休み」どころか、年度末の決算で忙しい時期。正直子供にかまっていられないと思います。その様な時に無料で子供を預かってくれるのが、塾や習い事の「無料体験」です。ちなみにお子様に聞いてもほとんどが「行きたくない」といいます。ゲームをやったり動画を見てる方が楽しいですから。ということで、何個かピックアップした中から「どれがいい?」という聞き方をしてみてください。

「無料体験」の選び方ですが、塾ですと「集団塾」と「個人塾」があります。「集団塾」は優秀な生徒を集める傾向があります。「入塾テスト」を用意している場合もあります。なかなか軽い気持ちでは体験できないですよね。では「個人塾」ですが、じつは個人塾といっても同じではなく。生徒一人あるいは二人に先生が一人つく「対面型」と映像で行う「自立型」があります。「対面型」は先生との相性があるので、子供が行ってすぐダメな可能性があります。また、正式に通うとなると、月謝が高かったりもします。「自立型」ですが、タブレットやPCを操作できるので、食いつきはいいです。特にゲームが好きで、勉強したがらない子供にはとても良いです。学力向上は本人のやる気によるところが大きいです。

 

さて、G-papils西川口校は「自立型個別塾」です。「無料体験」してほしい塾です。上記ではあえて、弱点をさらけ出しました。当たり前ですが、G-papils西川口校はその弱点を克服しています。アドバイザーと呼ばれる先生たちが、高圧的指導ではなく、寄り添う指導で子供たちの勉強へのやる気を喚起し、積極的に勉強に取り組めるようにしています。

 

 

 

 

G-papils西川口校の「無料体験」は春期講習会の3/28(月)~4/2(金)で参加できます。

参加をご希望の方はメールk-namiki@shubunsha.co.jpに「お子様のお名前・学年(4月からの新しい学年)ご希望の科目」をご記入して送信下さい。

授業時間は14:30~15:20 15:30~16:20 16:30~17:20 18:30~19:20 19:30~20:20 20:30~21:20なら、どこでもいくつでも体験できます。

 

教室長森下でした。

 

 

2022年3月27日

教室長の森下です。

3/19(土)14:30~16:30でSDGs小学生対象イベント「住み続けられるまちアイディアコンテスト」を行いました。

10名の生徒とお友達が参加してSDGsについて考えてくれました。

SDGsの前に「仙台七夕飾りの古紙でソーラーランプを作ろう」を行いました。

仙台七夕で使われた古紙

ランプです

みんな一生懸命でした

いよいよSGDsです。 動画で東松島市(宮城県)の取り組みを見ました

最後に思い思いの「住み続けられるまち」を考えてくれました。

 

 

2022年3月20日

教室長の森下です。

2023年度の授業が開始しました。

 

私たちG-PAPILSはsSDGsに関して積極的に取り組んでいます。

そこで、「住み続けられるまち アイデアコンテスト」を

3/19(土)14:30~16:30で行います

TEL 0120-385-314で申し込みができます

 

2022年3月15日