タグ別アーカイブ: 定期テスト

対面授業を再開致します。

サイン・ワン川口校では、

7/1(水)より、対面授業を再開致します。

 

4月から3ヶ月間、オンライン授業を行ってきました。

保護者の皆様のご協力があってこそ、実現出来ました。

誠にありがとうございました。

 

7月は中学校の定期テスト対策1ヶ月に渡り、行って参ります。

ここまで培ってきたものがしっかりと結果に繋げられるよう、

スタッフ一同、誠心誠意指導に当たらせて頂きます。

 

現在、学習塾をお探しの方でこちらのサイトをご覧頂いている皆様。

沢山の学習塾が存在する川口エリアにおいて、当塾を見つけて頂きありがとうございます。

7月はここまでの内容を学習出来るラストチャンスとなります。

6月中にご相談頂けますと、7月の授業を最初からご体験頂けます。

是非、この機会にお越し頂けますと幸いです。

 

これからも、学習が途切れることの無いよう、

どんな状況でも皆様に授業をお届けして参ります。

これからも、サイン・ワン川口校を、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

教室長 小田拓司

【進学塾サイン・ワン戸田新曽校】試験に向けて

戸田・蕨地域では、7月上旬に試験がございます。

今までは目標も立てにくく、

勉強へのモチベーションを高めづらい苦しい期間となりましたが、

目標ができたらスイッチをしっかり切り替えて取り組んでいきましょう!

塾生には

平日2~4時間、週末は6~8時間の

目標勉強時間を設定しました。

しっかりサポートしてまいります!

 

 

ここで困るのが

何をすればいいか

 

学校の授業がほとんどまともに進んでいないうえに、

テスト範囲も見当がつきません。。。

 

ここでは、2つのことをおススメします。

 

1:前の学年の内容の復習

英語、数学は特におすすめ。

積み上げ教科なので、復習が非常に効果的です。

中学1年生は小学校6年生の算数

(分数小数の計算・割合速さ比など)

中学2年生は1年生の数学、英語

(文字式方程式図形・過去形現在進行形など)

中学3年生は2年生の数学、英語

(連立方程式一次関数合同、不定詞動名詞受動態など)

 

2:学校のワーク、課題プリント

提出などの指示が出ていない場合でも、テストの内容とリンク

している可能性があります。やっておきましょう。

直接書き込むときは、学校の先生に確認するといいかもしれません。

(その際白紙の状態をPDFなどで保管しておけばいつでも周回できます)

 

今できることを全力で、頑張っていきましょう!!

 

 

 

~夏期講習について~

夏期講習

学校が休校になった影響で、従来とは違う夏休みになると思われますが、進学塾サイン・ワンでは、7月20日から8月29日までの期間を「夏期講習期間」と位置付け、学校と並行してもご通塾頂ける日程・時間帯で従来の夏期講習と同時関数を確保しご指導させて頂きます。

緊急事態宣言が解除されても、引き続き、新型コロナウィルス感染については不安が残る生活が続くと予想されます。私共、進学塾サイン・ワンは、お子さまの「健康の確保」はもちろん、「学習習慣の確保」も重要であると考え、いち早くオンライン授業を導入し、4月・5月も一切授業を途絶えさせることなくご指導させて頂きました。おかげさまで、昨年度と同様のカリキュラムを進めることが出来ております。

「健康面」「学習面」ともに安心してお子さまをお預けいただける学習システムが、私共、進学塾サイン・ワンにはございます。現下における、できる限りの教育支援を継続して提供してまいります。今後ともご理解・ご協力の程、どうぞよろしくお願い申し上げます。

※市町村の夏休みのスケジュールに合わせて、校舎によって日程を変更して実施する場合がございます。
予めご了承ください。
※政府による緊急事態宣言などが発令された場合に、ご自宅で受講していただく「オンライン授業」に
変更して授業を実施する場合もございます。予めご了承ください。

 

 

新校舎地図 DSC_0035 kai

サイン・ワン戸田新曽校

Fukiage Journal -02/08-

Fukiage Journal -02/08-

先日の記事にて、中1生の様子をお伝えしましたが、

中1生,中2生は学年末テスト対策の真っただ中。

20191111

このような学校ごとのテスト範囲に応じた教材で、仕上げていきます。

効率の良いアウトプットのため、最適な教材でサポートいたします。

定期テスト対策は吹上校にお任せください。


◆在籍する中学生の53.2%が,定期テスト400点over!!

◆在籍する中学生の42.6%が,学年席次10位以内!!

◆毎年,早慶上理G-MARCHレベルの大学合格者を輩出!!

『本気で取り組む生徒の力に。』サイン・ワン吹上校

Fukiage Journal -02/06-

Fukiage Journal -02/06-

本日は授業の様子をご紹介。

20200206

こちらは中1上位クラス、学年末テストへ向けて取り組んでいる最中です。

テスト範囲となる内容を一通り終え、

ここからテストまでは徹底的な演習でインプットした知識の総整理。

テスト本番で正しくアウトプットできるような力を養成していきます。

知識を得点へつなげるためには、

インプットとアウトプットのバランスが欠かせません。

ただ知識を詰め込むのではなく、自分の力で使えるようにしていく。

そのためには、質の高い問題を効率よく演習する必要があります。

吹上校では、生徒の皆が効果的に学習を進められるよう、

個々の取り組みについてカウンセリングを行いながら、サポートをしています。


◆在籍する中学生の53.2%が,定期テスト400点over!!

◆在籍する中学生の42.6%が,学年席次10位以内!!

◆毎年,早慶上理G-MARCHレベルの大学合格者を輩出!!

『本気で取り組む生徒の力に。』サイン・ワン吹上校

【進学塾サイン・ワン川口校】上手く繰り返す

「問題は繰り返し解きなさい。」

「復習は繰り返すことが大事です。」

私も学生の頃に言われ続けたことです。

ただただ同じことを繰り返し言われても、

ただただやる気が減少していくだけ。

何故繰り返すことが重要なのか。

何故繰り返し同じことを伝えているのか。

納得して学習出来る環境作りを重要視しています。

 

たくさんのお問い合わせいただきありがとうございます。

中学生はテスト対策時期に入り、空席状況によっては

時期をご相談させていただく場合がございます。お早めにお問い合わせください。

【進学塾サイン・ワン川口校】部活と通じるところ

突然ですが、

私は中学生の頃、バレー部でした。

ほぼ毎日練習があり、土曜日と日曜日は他校との練習試合

平日で練習した成果を・・・と言いたいところですが

練習試合の時とりあえず今の力で試合をし、結果勝った負けた。

振り返ることはありませんでした。

よく一流アスリートは自分の姿をビデオで撮ってチェックしたり

試合のデータを解析し分析したりするのをテレビで見ます。

ただ、自分たちの部活にはそういう意識がありませんでした。

 

何が言いたいかというと

意識しなくても、誰しも勉強する時は必ず残るものがあるということです。

ノートにやる・プリントにやる・テキストに直接やる

色々とありますが、とりあえず誰でも残るものがあります。

 

「勉強の仕方がわからない」「どこが分からないか分からない」

よく聞きますが、例えばとりあえずワークを解いてみる!

そうすると、もちろん○と×がある

その×をどうしていくか。

 

ただ、なかなか1人ではこれができません。

サイン・ワン川口校では勉強を教えることはもちろんですが、

管理することも同じように大切なことだと考えています。

【対象中学校】青木中・幸並中・川口西中・川口西中

【対象小学校】上記中学校に進学する予定の小学生

サイン・ワン川口校

【進学塾サイン・ワン戸田新曽校】いよいよ

明日から埼玉県私立高校の入試が始まります。

生徒達には精一杯頑張って、合格をつかんで帰ってきてほしいです。

DSC_0166

校舎の守り神

オクトパス(置くとパス)

誰が考えたのかも、だれが持ってきたのかもわからない。。。

でも、生徒たちはこの守り神(マスコット)を気に入っているみたいです。

 

 

 

オープンテスト、たくさんお申込み頂いております。

誰でも受験できるので、お気軽にお問い合わせください!

オープンテスト

申し込みはこちら→https://www.g-sign-1.com/202002open_test/

 

新校舎地図 DSC_0035 kai

校舎HP→サイン・ワン戸田新曽校

 

【進学塾サイン・ワン川口校】無料体験までのご説明

いつもお世話になっております、また沢山の無料体験の申し込み有難う御座います。

無料体験までのご説明です

お問い合わせ

ご来塾いただき、保護者様と2者面談

(お子様の成績について等お話ししますので、2者での面談となります)

カウンセリングテスト&体験(2週間)

 

小中学生同じ流れで実施しております。

中学生は定期テスト対策の時期については演習中心となりますので

面談させていただいた際、テスト対策の体験か通常授業の体験か

一緒にお話しさせていただければと思います。

 

サイン・ワン川口校

 

 

 

【進学塾サイン・ワン戸田新曽校】「動機」と「競争」

昨日生徒に話した後で思ったことを少し紹介いたします。

 

勉強に限った話ではありませんが、何かを継続して行うことはたいてい「つらい」「くるしい」ことに「耐えて」いるというイメージを抱きがちです。

ただ、「動機」と「競争」という2つの要素をうまく織り込むことで、継続して何かを行うことを「楽しく」「おもしろい」ことに「進んで取り組んで」いる構図に変えることができます。

 

走ることを例に挙げてみます。

「動機」も「競争」もない状態で「ただ走るだけ」の行為は、なにも面白くないしただ疲れるだけですが、

「目の前の相手を捕まえたい」という「動機」を付加すると「ただ走るだけ」だった行為が「鬼ごっこ」や「ドロケイ(ケイドロ)」という「遊び」に変化します。

同様に、「まわりの子たちとどっちが早いか決める」という「競争」を付加すれば「かけっこ」になります。

ただ走った時も鬼ごっこやかけっこをした時も疲労は感じるでしょうが、後者の場合は疲労とともに「達成感」「爽快感」などポジティブな感情もついてきます。

また、走る行為を継続しやすいのも、結果として走るのが速くなったり長時間走れるようになるのも後者なのではないでしょうか。

もちろんそもそも走るのが嫌いな子もいるでしょうし、かけっこや鬼ごっこに負け続ければそれらの遊びも嫌いになります。

ただそうならないようにする方法はいくらでもありますし、嫌いだったことが好きになる方法も当然存在します。今回の話とは関係ないので省略しますが。

 

 

 

 

勉強にもこの構図は活用できると考えています。

そして勉強を進んでやる子ほど「動機」「競争」を勉強に組み込むのが上手な印象を受けます。

そんな子たちがたくさん生まれる環境を作れるといいな、と日々模索しています。

 

 

 

 

2月8日(土)オープンテスト開催!

お申し込みはこちら→ https://www.g-sign-1.com/202002open_test/

オープンテスト

 

新校舎地図 DSC_0035 kai

校舎HPはこちら→サイン・ワン戸田新曽校