こんにちは!

進学塾サインワン南浦和校です!

4/6(月)に春期講習会が終了となります。

全生徒一生懸命に授業に参加をしてくれました!

ph02

コロナウィルスの影響で予断は許せない状況ですが、休校中のお子様の勉強のサポートはできたと思います。

新学期通常授業は4/8(水)からになります。

休校措置も延期等の可能性もありますが、サインワンではオンライン等を使用してお子様の学習を全面的にサポートしていきます!

2020年4月2日
O6A8538-683x1024

皆さんこんにちはサイン・ワン南浦和校です。

サイン・ワン南浦和校には「難関大学進学専門塾ノヴァエラ」が併設されております。

学習パーソナルトレーナーが高校生の学習計画の作成、学習計画の管理、学習方法の質の向上、進路指導等を行います。

昨年の1月にできたばかりですが、初年度から国立大学をはじめとし、早慶難関大学も合格者が出ています。

サイン・ワン南浦和校は大学受験にも対応できます。

ノヴァエラの詳細は↓よりご覧ください。

□ノヴァエラHP

https://www.novaera.jp/

2020年3月21日

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、3月15日(日)まで臨時休校とし、映像授業配信もご利用いただきながら、家庭学習の提示と進捗チェックを行ってまいりましたが、現在、地域での感染が拡大していないこと、学校での受け入れも開始していることを鑑み、3月17日(火)より全ての授業を再開いたします。

なお、改正特措法により非常事態宣言が発令された場合は、当塾の対応について改めてご案内させて頂きます。

当塾の対応は以下の通りです。

・3月17日(火)から3月分の授業を開始します。

・休校中の振替授業も行います。具体的なカリキュラムは校舎よりご連絡します。

・3月24日(火)より「春期講習会」を実施します。

ジュニア本科・中学受験本科は3/26より、高校受験本科は3/27より開始となります。

 

【安全面に関しまして】

授業再開に際し、消毒、換気、職員のマスク着用を徹底し、また職員の発熱等のチェックを徹底いたします。詳しくは、各教室の「新型コロナウイルス対策指針」をご確認ください。

ご家庭におかれましても、通塾前に以下の点についてご確認いただくよう、ご理解ご協力をお願い申し上げます。

①塾に来る前にご家庭で検温を行ってください。

37.5 度以上の熱がある場合(または平熱との差が大きい場合)は、通塾をお控えください。

②咳の症状がある場合は、無理せず通塾をお控えください。

欠席分は改めてフォローいたしますので、ご協力をお願い致します。

③通塾に際して、マスク着用、ハンカチの使用をお願い致します。

マスクの入手が困難な場合は、ハンカチ等で代用いただくよう、お願い致します。

④授業中に発熱やせきなど体調の変化が生じた場合、お迎えをお願いすることがあります。

2020年3月13日

サイン・ワン南浦和校です。
サイン・ワン南浦和校の埼玉県公立高校入試の結果は

合格率100%でした。

合格した生徒の皆さんにとっても、担当した私にとっても、とても嬉しい出来事です。皆さんの努力が目に見える結果として残ったことに、ただただ嬉しい限りです。

生徒の皆さんにとっては、今日は高校入試のゴールであり、また、高校での勉強のスタートの日です。
先生にとっては、来年の埼玉県公立入試で、合格率100%、生徒の満足度100%の結果になるための指導のスタートの日です。

お互いに頑張りましょう。

でも、今日くらいは、この合格の嬉しさをかみしめ、余韻に浸る日であっても良いと思います。

サイン・ワン南浦和校の中3生の皆さん!
合格おめでとう!!

2020年3月9日

進学塾サイン・ワン南浦和校です。
中3受験生の皆さん。いよいよ、明日は埼玉県公立高校の入試日です。今まで、皆さんが勉強してきたことを信じることができれば、不安になることなんてありません。

週5日通塾し、楽しいことを自制して、受験勉強に励んできましたね。
講習会では、半日、教室にこもり、一生懸命に問題を解きましたね。
そういった成果が試されるのです。
他学年の皆さんも、学年末試験がありますね。直前の対策ではなく、日々の努力が問われるのです。
DSC_4702
先のことを考えることは大切ですが、今は、試験直前の今は、目の前のことだけを考えて、今やるべきことに取り組みましょう。

2020年2月27日

進学塾サイン・ワン南浦和校です。
いよいよ今週の金曜日は、埼玉県公立高校入試の試験の日ですね。
漢字や英単語、社会や理科の用語を、最後まで気を抜かず、暗記することも大切です。最後までやり抜きましょう。
今回のブログでは、記述問題で「せっかく書いたのに点にならなかった」とならないための具体的はアドバイスを一つします。このブログをよく読んでくださいね。

<記述問題得点アップ解答方法>
➀問いを短くする
➁問いをさらに短くする
➂解答の形を決める
➃解答の条件を入れる

(例)2018年度埼玉県公立高校入試社会
 次のグラフ1は、冷帯(亜寒帯)に属する地図中に示したイルクーツクの気温と降水量を、グラフ2は、寒帯に属する地図中に示したディクソンの気温と降水量を示したものです。また、資料1は、冷帯(亜寒帯)にみられる景観を、資料2は、寒帯にみられる景観を示したものです。資料1と資料2から読み取れる冷帯(亜寒帯)と寒帯の樹木の生育の違いを、気温と関連づけて書きなさい。

➀問いを短くする
☞「資料1と資料2から読み取れる冷帯と寒帯の樹木の生育の違いを、気温と関連づけて書きなさい。

➁問いをさらに短くする
「(資料1と資料2から読み取れる)冷帯と寒帯の樹木の生育の違いを、(気温と関連づけて)書きなさい。
☞「冷帯と寒帯の生育の違いを、書きなさい。(問いの「主語・目的語・述語」の部分に注目する)

➂問いの述部を見て、解答の形を決める
(問いの述部)「違いを書きなさい。」
(答えの形)☞「Aは~だが、Bは…である。」
したがって、この問いでは、

「冷帯の樹木の生育は~だが、寒帯の樹木の生育は…である。」

が答えの形となる。

➃答えの条件を入れる
(答えの条件)「気温と関連づけて」
「冷帯では気温が~なので樹木の生育は~だが、寒帯では気温が…なので樹木の生育は…である。」と答える。
筋道を立てて、答えを導き出すことが大切です。皆さん、参考にしてくださいね。

2020年2月25日

DSC_5181

2月16日の12:00~18:00で学年末試験対策を実施しました。試験2週間前の生徒も勉強しにきました。学校のワークを試験1週間前に終えようと頑張りました。DSC_5180

与えられた課題を黙々と解いています。中1生と中2生の隣では、中3生が埼玉県公立高校の入試に向けた対策プリントを解いています。

みんな笑顔になる結果になるよう、日々努力をしています。

2020年2月19日

サイン・ワン南浦和校です。
お子様の学習のつまずきは「国語力(論理力)」にあるかもしれません。
自分の考えを表現するには「語彙力」を駆使し、理屈で物事を考え、相手に伝える力が必要です。また、教科書を読んだり、先生の話を聞いたりして、その内容を理解するには国語力は欠かせないものです。さらには、試験の問題を読み解くにも、国語力が必要です。
この「論理力講座」をきっかけにして、ぜひ、国語力を意識して勉強していただけたら嬉しく思います。新小3~新中3のお子様と保護者の方を対象としています。お電話でご予約の上、ご参加ください。

(日程)
➀2/1(土) ➁2/15(土) ➂2/22(土) ➃2/29(土)

➀・➂  ・・・中学生
➁・➃  ・・・小学生

(時間)
10:40~12:00

(場所)
サイン・ワン南浦和校

(持ち物)
筆記用具

(定員)
8組(親子で1組)

お待ちしています。

電話 048-614-3611

2020年1月30日

JCOM
サイン・ワン南浦和校です。
サイン・ワン講師陣による「埼玉県公立高校入試解答速報」がオンエアされます。中3生にとっては、入試が終わってホッと一息つきたいところですが、自分が何点を取ったのかすぐに知りたいものでもありますよね。中2以下の生徒もぜひ見てください。1年後にどのような問題が解けるようになっていればよいのか知ることも大切です。
生放送「埼玉県立高校入試解答速報」
<日時>2月28日㈮18:00~
    再放送2月28日㈮23:00~
<内容>当日の公立高校の入試解答を速報でお届けします。科目ごとの解答例はもちろんのこと、難問やポイントとなった問題、解き方などを、サイン・ワンの講師が詳しく解説します。

2020年1月27日

進学塾サイン・ワン南浦和校です。

これまで「国語」や「論理」について、教室ブログで発信してきました。「論理」というと「論説文」を思い浮かべる人が多いと思いますが、小説文を読む際にも「論理」は大切です。さらには、友達とコミュニケーションをとったり、感動したことを表現したりするときも論理は大切です。今回は小説文を論理的に「読解」してみましょう。

さて、次の文章で、太郎の子ネコに対する気持ちが分かりますか。

 冬の真夜中、太郎がふと窓の外をみると、雪が降り出している。何か、か細い声が聞こえる。小ネコの鳴き声だ。窓の下を見ると、生まれてまだ1ヶ月も経たないような小さい子ネコがダンボールの箱の中に入れられているのを太郎は見た。

いかかですか。正解は・・・、

 

 

 

 

 

 

「太郎の気持ちは、この文章からは分からない」です。
1文目も、2文目も、3文目の文も、すべて、事実しか書かれていませんね。太郎の心情に関することは書かれていないのです

もしも「太郎は子ネコのことを可哀想だと感じている」と考えた方がいたら、それは主観で物事をとらえています。「寒い冬の夜、生後間もない子ネコを見たら、可哀想と思うはずだ」というフィルターで物事を見ています。道徳でれば、問題がないのかもしれませんが、小説文の読解には、この「主観読み」が読み間違えを引き起こします。先ほどの例文のあと、

そのネコがあまりにも不憫だと思った太郎は、外に出てそのネコを抱きかかえ、家で飼ってやることにしました。

と続けば、「太郎は子ネコのことを可哀想だと感じている」で正解となります。

「国語が強くなりたい。」「論理的思考力を養いたい。」と思った人は、ぜひサイン・ワンの門をたたきましょう。

2020年1月24日