進学塾サイン・ワン東浦和校の夏期講習会
こちらは子ども英会話教室「レプトン」の授業風景です。子どもたちはCDでネイティブの発音を聴きながら、元気に英語を発音しています。
DSC_5955
さて、中1数学の個別指導。マイナスの数の計算を徹底的に指導しています。
DSC_5951
一生懸命取り組んでいる姿です。写真からも伝わってきます。
DSC_5950
こちらは中2の集団授業の風景です。この夏から優秀な講師が東浦和校に配属されました。
DSC_5933
こちらは遊んでいるわけではありません。タブレットを使って全国の中3生と理科と社会の知識量を競っています。
DSC_5942
全国で1位を取ろうと励んでいます。
モチベーションのアップにつながるものを生徒個々に違います。その生徒の琴線に触れる指導と声かけを心がけています。
夏の講習会は受付中です。
今年の夏休みは2週間ほどです。その短い夏を進学塾サイン・ワン東浦和校で過ごしてみませんか。

2020年7月31日

さて、皆さん。古い順に並べ替えられますか。
1.日本、国際連盟脱退 
2.二・二六事件 
3.五・一五事件 
4.満州国建国 
5.国家総動員法制定 
6.満州事変 
7.日中戦争 
8.大政翼賛会
IMG_20200728_204946 (1)
歴史の並べ替え問題は、作問者は受験生に「因果関係」や「時代の特徴」を理解しているかどうかを試しているのです。年代の暗記力を試しているのではないのです。

日本の軍部は、満州事変を起こし、満州国を建国したが、国内には満州国の建国に反対する者がいた。その反対者が犬養毅であり、軍部が彼を暗殺したのが五・一五事件である。彼は海軍将校に「話せば分かる」と言ったが、海軍将校は「問答無用(議論は必要ない)」と言って彼を射殺した。これで日本は「話し合いの政治(政党政治)が終わり、問答無用の政治(軍国主義)」の政治になる。

と理解した方が、語呂合わせで暗記するよりも忘れにくく、学習の本質です。歴史はストーリーです。

まだ夏期講習会を受け付けています。学習の本質を理解したい方は、ぜひサイン・ワン東浦和校の門を叩いてください。待っています。

2020年7月28日

7月21日から夏期講習会が始まりました。
夏休みが短縮しましたが、夏期講習会は例年通り実施します。例えば中3生は約150時間、塾で学習します。
きついことを乗り越えた先にあるものは「成長」です。
3密を回避した中3集団授業の様子はこちらです。
DSC_5924_HORIZON
集団授業の授業時間に自分の都合がつかない場合は映像を教材にして学習を進めています。

DSC_5927_CENTER
個別授業では、1ブース1人の生徒を徹底しています。
DSC_5929_HORIZON
夏休みは短くても、世の中から求められている学力は変わりません。
高校入試の出題範囲が狭くなっても、1年間で学ぶべき学習内容は変わりません。
中3で習うものを高1に持ち越しても、高1で習うものを高2に持ち越しても、学習内容を先送りしただけです。
サイン・ワン東浦和校は、先を見据えた指導をします。

2020年7月22日

子どもにとって「学び」は楽しいもののはず。

皆さん、思い出してみてね。小学校に入学するとき、新しい世界に胸がときめいたんじゃないかぁ。
「いや~、俺は嫌だったよ」という人もいるかもしれないね。でもね、それは小学校で学ぶのが嫌だったのではなく、新しい世界に入ることが不安だっただけだよ。それか、入学する前に、誰かが「学び」を「勉強」にしてしまったのかもしれないね。

ほら、小さいころ、大人顔負けにミニカーの名前を憶えてしまった人がいるんじゃないかな。
ポケモンの呪文をすべて暗記した人もいるんじゃないかな。
好きな歌手の歌詞は頭に入っているんじゃないかな。

そうなんだ。みんな「学んだもの」なんだよ。それを日本の教育制度は、普通科目として、すべて「勉強」にしてしまっている。無理をしてでも努力して励むことにしてしまった。

たしかに「勉強(無理をしてでも努力して励むこと)」も大切なものだよ。

でも、それが全てではない。

「学び」は新しいことを知り、喜びを感じることなんだ。

こちらは、小4の塾生。新聞を読み、得た知識で、自分の意見を書いている。
DSC_5848

こちらは、中1の塾生。自宅で社会の学習をしています。口元に注目してください。
IMG_20200713_205936
学んでいる内容は、皆さんが学んでいるものより簡単だよ。しかし、内容の難易度関係なく、ときには微笑みながら、楽しく学ぶという姿勢って大切だと思う。

サイン・ワン東浦和校に通う生徒全員に、そうなってもらいたいと思って指導しています。

2020年7月21日

9月からオンライン英会話をサイン・ワン東浦和校で開始します。昨年まで在職していた南浦和校で導入し好評だった講座です。
1授業25分、月3回のレッスンが基本です。

えっ!?

授業時間が短く感じますか?

ネイティブの外国人講師と日本語を使わずに約30分、1対1で会話をするのです。集団の英会話スクールよりも内容が濃いレッスンとなります。ある英会話スクールに通っていた生徒が初めてレッスンをうけたとき、「今まで一番英語で会話した」という感想を言いました。

実は、私の中1の息子もこのオンライン英会話を南浦和校で受講しています。
DSC_5888
彼に得意な科目を聞くと、「英語!!」と言わずに、「英会話」と言います(苦笑)。
私はそれでも良いと思います。座学の英語が苦手でも、「英会話」が得意だと思ってくれれば、そのうち英語に興味を持ち、いわゆる学校で習う英語も得意になります。それに、今後問われる英語力は「実用英語」です。来年度からの教科書改訂にも沿い、かつ、今後入試科目になる可能性もあります。

そのような理由で、今年から着任したサイン・ワン東浦和校でのオンライン英会話の導入を決めました。
対象 小3~高卒生
料金 授業料6,000円 諸経費2,500円
*塾生はプラス4,000円で受講できます。
*税抜き価格です。
保護者目線で、プラス4,000円で受講できるのも魅力でした。
DSC_5890

2020年7月19日

来年から中学校の教科書改訂が行われます。

今回「英語」についてご紹介しますが、タイトルを見て「あれ?」と思われた方も多いと思います。

 

中学校の教科書改訂なのに【小学生】と入れました。

この内容は小学生の保護者の方にこそ知っておいてほしい内容なので、わざとタイトルに【小学生】と入れさせていただきました。

 

主なポイントは、以下の通りです。

①一部高校内容を中学で学習

「仮定法」「原型不定詞」「現在完了進行形」など

 

②語彙数の増加

・小学校で扱った600~700語に中学校で1600~1800語を加えて学習

☞中学修了時に小学校で扱った単語を加えると2200~2500語になります!

今までは中学修了時に1200語なので2倍以上の語彙数になります

・発信語彙(重要語彙。メインに使う語彙)と受容語彙(意味が分かる語彙)を区別して,語彙数の増加に対応

 

③中1のはじめから、複数の文法項目を学習

・be動詞と一般動詞を一緒に扱う

・助動詞のcanが中1の1学期に扱う

・不定詞名詞的用法、動名詞、未来形、過去進行形などが中1に移動

※教科書出版会社によって対応差があります

 

つまり・・・

「小学校で英語をきちんと学習し、理解できていることが前提」の中学校の教科書改訂なのです。

 

スポーツ競技ではフライングは許されませんが、勉強では、ある意味「フライング」が許されます。小学校で習う前から、早め早めの「フライング」で先取りして学習すれば、学校で習う頃には「知っている」「わかる」「出来る」となり、理解が深まり学習が楽しくなります。

サイン・ワンではレプトン英語教室を設置し、小1生から受講可能です。

是非、小学生の早いうちに英語を好きになってもらえれば、中学生になったら英語は得意科目間違いなしです!この夏、英語教室の体験学習受付中です。

2020年7月14日

昨年まで在籍していた南浦和校で、引き続き「時事・記述・作文ゼミ」の指導をしています。7月4日は、「課題添削作文」を書く日でした。年3回実施し、添削を専門としている人に添削をしてもらいます。
DSC_5848
さて、今回の作文のお題は「おにぎり」でした。生徒たちは、おにぎりに関するエピソードを書きました。
こちらは、小4生の下書きです。とても良いエピソードを書いてくれました。
DSC_5852

<添削前>
ぼくのおにぎりの思い出はお父さんが仕事に行っていて帰って来ない日はおじいちゃんとおばあちゃんが作ります。

<添削後>
ぼくのおにぎりの思い出は、お父さんが仕事から帰って来ない日にお母さんが作ってくれたおにぎりです。

なるべく、本人が書こうとしたことに沿うように添削します。彼が小6生であれば、次のように添削します。

<上級生用の添削>
私のおにぎりに関する思い出は、父が仕事で帰宅しない日に母が作ったおにぎりの味です。

一通り朱筆したあと、清書して提出しました。
DSC_5853

作文力をつけるなら、小学生のうちに!

2020年7月5日

DSC_5839
勉強って華やかなものではなく、地道なもの。
DSC_5836_HORIZON
教科書を理解して、何度も演習を繰り返し、分からないところがあったら諦めず、何とか分かるように努力する。
DSC_5837
何度も同じ間違えをしたときにどうするかで、あなたの今後が決まってくる。
DSC_5840
苦しくてもそれでも出来るように努力するか。
「ぼくには分からないよ」と投げ出すか。
「努力」なんて抽象的なことばじゃ、分からないよね。
まず、答えと解説をじっくりと読むんだよ。
そこで分かったら、もう一度解いてみる。
答えと解説を読んでも分からなければ、教科書に戻る。
それにせっかく塾に通っているんだから、先生に聞きにおいでよ。
正しい努力は自分の気持ちを裏切らない。
DSC_5833
今年のサイン・ワン東浦和校の中1集団クラスは8名、中2集団クラスは10名を定員にします。少人数の生徒を丁寧に指導していきます。

2020年7月2日

7月には各学校で定期試験が行われます。
それに伴い、サイン・ワン東浦和校では定期試験対策を実施します。
(実施日)
7/5・12・19
(実施時間)
12:00~18:00
(持ち物)
◇学校の教科書・ワーク・プリント
◇必修テキスト・単元別サポート
◇定期試験の範囲表
◇筆記用具・ノート

定期試験を良い結果にするには3原則は
1.出題範囲の教科書の内容理解
2.学校のワークとプリントを最低2回解く
3.必修テキストと単元サポートで演習する

階段の踊り場の壁からあふれるくらいのたくさんの定期試験の結果を貼りたいですね(^^♪
DSC_5833です。

2020年6月30日

【中学生】『目標よりも一つ上』

先日、埼玉県教育局から埼玉県立高校入試の平均点が発表されました。

埼玉県立入試全県平均

サイン・ワンの東浦和校の塾生も本当に頑張りを見せてくれたことは我々の誇りです。

学力検査問題の県平均と東浦和校の生徒の平均を比較してみて、、、

国語:平均68.3点 県平均より+11.1点

数学:平均74.7点 県平均より+6.8点

英語:平均60.3点 県平均より+8.1点

社会:平均66.3点 県平均より+10.9点

理科:平均60.3点 県平均より+9.2

特に国語・社会では平均点で大きく上振れる結果となりました。

2020年6月24日