【入試情報】採点に関する原則

こんにちは。

進学塾サイン・ワン栗橋伊坂校です。

11月末に公立高校の採点に関する原則が発表になりました。

私たちは『2』に注目してみました。

「部分点は各学校の裁量で認めてもよい」です。

何か書けば点数がもらえるかもしれません。

「空欄解答はダメですよ!」

一度は聞いたことがあると思います。

ぜひこれからのテストにも役立ててください。

【資料】

令和4年度埼玉県公立高等学校入学者選抜学力検査 採点に関する原則

この「採点に関する原則」は、受検者のいろいろな解答を予想して、

採点する場合の基準を 示したものである。

採点は、次の1~5及び各教科の「採点の手引」によるものとする。

1 問題のねらっていることが、理解されているとはっきり判断できるものは、正答とする。

2 部分点については、次のとおりとする。

(1) 各教科の「採点の手引」の「採点上の注意」に「部分点を認める」と示した問題 以外の問題についても、各学校の裁量で部分点を認めてもよい。

(2) 部分点は整数とし、0点を下回らない。

3 次のような場合は、各学校の裁量により正答と認めて差し支えない。

なお、正答と認めず 減点する場合は、上記1の趣旨を踏まえ、過度な減点は行わない。

(1) 「ひらがな」で書くべきところを、「かたかな」で書いた場合

(2) 「かたかな」で書くべきところを、「ひらがな」で書いた場合

(3) 漢字で書けるところを、「ひらがな」等で書いた場合

(4) 文字そのものの正確さを問う問題を除いて、

文字についての若干の誤りや不正確な点の ある場合

4 上記3以外で、指示に反した答え方をした解答や判読に苦しむような解答は、正答と認め ない。

5 各教科の「採点の手引」に示したもの以外の正答も予想されるので、十分留意する。

 

進学塾サイン・ワン栗橋伊坂校

TEL 0480-55-0177